農地転用の許可申請手続きなら行政書士にお任せください

農地転用の代行屋

農地転用とは

農地(田、畑、採草放牧地)を農地以外の目的で使う場合に行われる変更を農地転用と言い、場所や変更の内容等によって許可や届出が必要となります。

特に、宅地にして住宅を建てる場合に行われることが多いのですが、最近ではソーラー施設として利用しようとする方が増えています。

しかし、新しく買った土地や先祖代々の土地に家を建てようと思っても、そこがもし田んぼや畑といった農地だったらすぐには家を建てられません。

さらに、そこが農業振興地域だったら、手続きはより面倒くさくなり、諦めなければならない場合もあるかもしれません。

転用後に必要となりうる様々な手続き

農地転用ができても、さらにその土地がでこぼこして宅地造成が必要なら勝手に工事が出来ない時があります。

さらに、建築予定の建物が一定地域内にあり、一定以上の建築物ならその土地の開発許可が必要です。

そして、建築物によっては建築確認を得る必要もあります。

さらに地区によっては住民による建築協定を作っていることもあります。

建物を建てようと思うと、次から次へといろいろな申請をして許可を取ったりしなければないことが多く大変です。

また、農地は相続手続きがまともに行われていないことがよくあるので、登記簿等で調査することも必要です。

通常、農地に建物を建てる場合には、農地法による許可や届出が必要だということを認識しておいて下さい。

農地に無断で家を建てれば罰せられることもあります。

また、現況が登記簿上の地目とは一致しないこともよくあります。

登記簿上、山林や原野になっていても、現況が農地として利用されていれば農地扱いとなり、農地転用が必要となるので注意しましょう。


初回無料メール相談

農地転用の許可申請では、たくさんの書類を用意したり、何度も役所などに行かなければならない場合もあるので、意外と大変です。

お時間が無かったり、面倒な手続きをされたくない方に代わって、行政書士がお手伝いをさせて頂きます。

日本全国どこからでも24時間メール相談を承っております。


農地関係メニュー


ページのトップへ戻る