農地転用に関することなら行政書士にお任せください

農地転用の代行屋

農地転用とは

日本の国土は、山地や森林などが多く、また急傾斜地もかなりあるため、人口の多さに比べ居住可能な土地は非常に限られています。

そのため利用が容易な土地は地価が非常に高かったりして、手に入れるにも一苦労があります。

さらに、農業を守るためにも、簡単に家を建てることのできない農地というものが日本の土地にはあちこちにあるのです。

ただ農地と言っても、畑や田んぼだけではなく、ミカンやリンゴなどの果樹を栽培する果樹園、また牛や馬などに草を食べさせるための採草放牧地(さいそうほうぼくち)という土地もこれに含まれます。

こういった土地を、家を建てたり駐車場を作ったりするために、農地と言われる以外の土地利用のために名目(地目)変更をすることを農地転用と言います。

そして、農地転用は厳しく法律で規制されているので、その申請のために、各自治体から許可を取ったり届け出をした後でなければできないようなっているのです。

農地転用に必要となる知識

新しく買った土地や先祖代々の土地に家を建てようと思っても、そこがもし田んぼや畑といった農地だったらすぐには家を建てられません。

さらに、そこが農業振興地域だったら、手続きはより面倒くさくなり、諦めなければならない場合もあるかもしれません。

農地転用できても、さらにその土地がでこぼこして宅地造成が必要なら勝手に工事が出来ない時があります。

さらに、建築予定の建物が一定地域内にあり、一定以上の建築物ならその土地の開発許可が必要です。

そして、建築物によっては建築確認を得る必要もあります。

さらに地区によっては住民による建築協定を作っていることもあります。

建物を建てようと思うと、次から次へといろいろな申請をして許可を取ったりしなければないことが多く大変です。

また、農地は相続手続きがまともに行われていないことがよくあるので、登記簿等で調査することも必要です。

通常、農地に建物を建てる場合には、農地法による許可や届出が必要だということを認識しておいて下さい。

農地に無断で家を建てれば罰せられることもあります。

また、現況が登記簿上の地目とは一致しないこともよくあります。

現実的には、農業従事者が減り続け日本の各地では、耕作が放棄された農地が無数にあります。

農業を守るために農地を確保しておくことは非常に大切なことではありますが、限られた日本の土地を、それ以外の形でうまく活用して行くことも現代では必要だとも言えるでしょう。

その1つが、エネルギーを確保するためのソーラーパネルを設置するための土地利用でしょう。


初回無料メール相談

日本全国どこからでも24時間メール相談を承っております。


農地関係メニュー


ページのトップへ戻る